FANDOM


目暮 十三(めぐれ じゅうぞう)は、『名探偵コナン』の登場人物。アニメでの声優は茶風林。ドラマでの俳優は、第1弾は西村雅彦、第2弾は伊武雅刀

人物 編集

警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係の警部で、毛利小五郎の刑事時代の上司(小五郎の現役時代は警部補)。
年齢は41歳前後である模様[1]。いつも茶色のコートと帽子を着用している。体形は中年太りでかなり腹が出ているため、同期の中森銀三からは「目暮のタヌキ」と皮肉られている。
工藤新一の推理力を高く評価しており、その父優作から親子2代にわたって難事件の度に助言を求めていた。
新一が姿を見せなくなってからは、小五郎(間接的にはコナン)の協力によって事件を解決している。刑事時代の小五郎には度々苦労させられており、彼のせいで迷宮入りになってしまった事件もあるとのこと。名探偵として有名になったものの、事あるごとに殺人現場で居合わす小五郎を「疫病神」や「死神」などと皮肉る(最近では、小五郎不在の際にも事件現場で居合わすコナンに対してもそう思っている模様)。しかし捜査に行き詰まったときは、「眠りの小五郎」に頼ることがしばしばある。
いつも被っている帽子は、独身の刑事時代に当時高校生だった妻・みどり(声 - 折笠愛)と出会うきっかけとなった事件で負った古傷を隠すためであるとのこと[2]。だが、実際のところは妻との馴れ初め話を冷やかされたくないため。また、他人の恋愛には鈍感だが、高木刑事佐藤刑事の関係については、薄々気づいている模様。
犯罪を憎み、部下や同僚には決然とした態度で接する一方、みどりと2人きりになると新婚夫婦のようにデレデレするといった、お茶目な一面も持っている。事件現場には常に高木刑事を連れてきており、部下の中でも特に目を掛けている模様。白鳥警部と同様に、拳銃の腕はあまり良くない[3]
また、メカの類は全く駄目[4]で、そのことで部下の高木刑事らに助け舟を出させることもしばしば。普通に使えるのは携帯電話くらいであるが、それでも慣れるまでにかなりの時間を要している。
英語は自己紹介程度にしか喋れないらしく、ジョディに英語で自己紹介した際は「ポリスマン」の発音が違うと指摘され、講義を施されていた。

補足 編集

  • 上司の松本警視からは「目暮」、小五郎からは「警部殿」「目暮警部」、歩美・ジョディからは「警部さん(サン)」、それ以外の人々からは「目暮警部」と呼ばれている。
  • 阿笠博士と同様に、年下の人物は男女関係なく「君」付けで呼び「ちゃん」とは呼ばない(例:君、佐藤君、歩美君など)。
  • 劇場版では、白鳥警部(警部補)と同様に全作品に登場している。『14番目の標的』ではジョギング中に犯人にボウガンで腹部を撃たれ、『漆黒の追跡者』では傷害事件の犯人の関係者にナイフで腹部を刺されたが、どちらも分厚い脂肪が内臓の損傷を防いでくれたために命に別条はなく、その後は職務へ復帰している。『14番目の標的』は名前の「十三」が判明した作品でもあり、その後は原作でも英語で自己紹介の際に「十三」を名乗っている。なお、帽子を被ったまま病院のベッドで寝ていることを少年探偵団に指摘された際にはごまかしていたが、上記の理由を知らない彼らには「髪が薄い」「大きなこぶがある」などと勝手に解釈されていた。
  • 単行本63巻での高木刑事の発言によると、歌唱力は微妙らしい。
  • ルパン三世』とのクロスオーバー作品『ルパン三世VS名探偵コナン』では、銭形警部とは古い知人という設定になっている。
  • 海外での名前はJoseph Meguire

由来 編集

  • 単行本5巻の『名探偵図鑑』によると、名前の由来はジュール・メグレから。作者は「目暮警部が彼ほど優秀な面を見せてくれれば…」と語っている。

脚注 編集

  1. 同期の中森警部が41歳であるため。
  2. 上司の松本警視への発言より。
  3. 劇場版『14番目の標的』より。
  4. 特にパソコンの扱いに至っては「立ち上げる(電源を入れる)」際はパソコンを持って立ち上がり、「落とす(電源を切る)」際は電源の入ったままプラグをコンセントからいきなり引き抜いてしまうほど。そのため、インターネットの知識にも乏しく、アニメ449話では温泉サイトの管理人を温泉旅館の支配人だと思うシーンがある(原作52巻にはないアニメオリジナルのシーン)。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。