FANDOM


探偵左文字シリーズ』は、『名探偵コナン』の劇中劇の1つ。

概要 編集

ミステリー作家・新名 任太朗(しんめい にんたろう、声 - 藤本譲)の書いた推理小説。 任太朗の死後、娘の香保里(かおり、声 - 大坂史子)が執筆を引き継いだ。いったん原作が終わったが、また復活して、今も雑誌『文芸時代』で連載中。

テレビドラマ化もされており、俳優の剣崎 修(けんざき おさむ、声 - 江川央生)が主人公松田 左文字を演じる。

香保里が引き継いだ物語の後半から、ヘッポコ探偵とオテンバ娘、生意気な眼鏡の少年が助手になった。モデルは事件を解決した毛利小五郎毛利蘭江戸川コナンの3名。

登場人物 編集

松田 左文字(まつだ さもんじ)
声 - 鈴木英一郎
主人公。居合い抜き探偵で、犯人を暴いた後、刀を抜いて犯人に一句詠ずる。
名前の由来は、松田優作と西村京太郎の『左文字進シリーズ』の左文字進。モデルは丹下左膳。

代表作 編集

  • 「二分の一の頂点」(由来は「1/2の頂点」)
  • 「悪魔が仕組んだ遺言状」
  • 「真夜中の首実検」

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。