FANDOM


怪盗キッドは、『まじっく快斗』や『名探偵コナン』などに登場する怪盗。

概要 編集

世間を騒がせている大怪盗。初代キッドは黒羽快斗の父・盗一で、快斗は二代目である。なお、快斗がキッドの名を襲名するまでの一時期、盗一の付き人である寺井黄之助がその名を騙って活動していたことがある。

服装・アイテム 編集

『まじっく快斗』本編と『名探偵コナン』共通で、純白のシルクハットにマント、モノクル[1]といった衣装を身に纏う。『コナン』原作・アニメ・OVAではネクタイは赤色でモノクルの反射の色は白色であるが、作画変更の『銀翼の奇術師』以降の劇場版ではネクタイは朱色、モノクルの反射の色は灰色になっている。トランプを発射する拳銃(トランプ銃)や、折りたたみ式のハンググライダー、催眠スプレー、そしてダミーの人形などのアイテムを駆使して獲物をねらう。

『まじっく快斗』の本編では、これにさらにプラスしてアドバルーンやローラースケートやロープ、さらにオリジナルアイテムなど様々な物を使用する。作品内の一部では「盗」の表記も使われている。

犯行 編集

「怪盗」の名の通り、犯行予告状を送りつけ、狙った獲物はあざやかな手口で盗み出す。主に宝石を専門に狙う。18年前のパリにて初めて出没、8年前に一旦動きを潜めたが、最近日本で活動を再開した。神出鬼没で大胆不敵、マジックと変装が得意[2]で、何人もの声色を変声機なしで使うことができる。作中で表される英語表記は「Kid the phantom thief」であり、これをもじって他人がキッドに成りすました際には、「神が見捨てし仔の幻影」と名乗ったこともある。

その犯行は『世紀末の魔術師』時点での警察発表によると、件数は134件(うち15件は海外で、アメリカ・フランス・ドイツなど12ヶ国)、盗まれた宝石類は延べ152点、被害総額は387億2500万円に上る。

本来の名称は怪盗1412号であり、由来はどこかの警察的組織(噂ではICPO(インターポール)とも、FBIとも、CIAとも言われているが正確なところは不明)が極秘に彼につけたシークレットナンバー「1412」が外部に漏れ、そう呼ばれるようになったという。しかし、日本では各国の警察を子供のように手玉にとる怪盗1412号に興味をもったある若手小説家(工藤優作)が、新聞記者が殴り書きした1412を洒落てKID.と読んだため(実は単なる誤読)、それが定着し、「怪盗キッド」と呼ばれるようになった。マスコミからは「平成のルパン」や「月下の奇術師」とも呼ばれている。

その鮮やかな手口と優雅な振る舞いで一般人からは絶大な人気を誇り、キッドの予告の現場には大勢のキッドファンが集まることが多く、逆にアンチキッドの青子は若干浮き気味でもある。

脚注 編集

  1. モノクルには四つ葉のクローバーのマークがあり、名前の黒羽(くろば)に由来するとみられる。
  2. コナンや他の少年探偵団など、自分より極端に体格が小さい人物に変装するのは不可能であるが、ある条件下で子供に変装したことはある

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。