FANDOM


工藤有希子(くどう ゆきこ)は、『名探偵コナン』の登場人物。アニメでの声優は島本須美

人物 編集

新一の母親。37歳。帝丹高校出身で、蘭の両親(小五郎・英理)とは同級生。群馬県出身。
旧姓は藤峰(ふじみね)で、19歳のときに大女優として数々の賞を受賞するなど伝説を残したが、優作との大恋愛の末、弱冠20歳で芸能界を引退。灰原曰く「新一の演技力と目立ちたがりな性格は彼女譲り」。おばさん呼ばわりを極端に嫌う。ピアノを弾ける。
坂本龍馬の姉・坂本乙女役など様々な女優経験から、土佐弁を含む日本各地の方言もマスターしている。さらに英語も堪能。女優時代、変装の得意なマジシャン(黒羽盗一)にシャロン・ヴィンヤードとともに弟子入りした経験があり、自分はもちろん他人をもまったく別の人物に変装させる技術を持つ。その腕前は折り紙付きで、平次を新一に、コナンを灰原に変装させたりもしている(平次曰く「アルセーヌ・ルパン顔負け」)。
とてつもない運転技術を有し、平気でスピード違反を犯す。ニューヨークでの愛車は、ジャガー・Eタイプ。日本に来てまでレンタカーとしてアルファロメオ・アルファGTに乗るため、相当な車好き。バイクの免許も持つ。
アメリカでは、「闇の男爵夫人」(ナイト・バロニス)と呼ばれている。由来は『闇の男爵』の作者の妻であることに加え、アメリカのテレビ番組に招かれた際に話した推理が見事に的中してあっという間に難事件を解決したことから[1]
コナン(新一)との関係は、真実を知らない人(蘭・英理)には何とか隠している。1度だけ、自分の幼なじみに「2人目の子」と言った[2]
英理とは帝丹高校時代に、学園祭のミスコン対決を繰り広げている。結果は両者同票で、20年以上経った今でも伝説のミスコンとして校内に語り継がれている。

補足 編集

  • 海外版での名前はVivian Kudo

由来 編集

  • 名前の由来は、『ルパン三世』の峰不二子と、それを演じた二階堂有希子。
  • 偽名の「江戸川文代」の「文代」は『怪人二十面相シリーズ』の明智小五郎の妻・文代に由来する。1度変装して「明智文代」という偽名を使った。

脚注 編集

  1. 新一曰く「その推理は彼女自身のものではなく、優作が新聞を見ながらブツブツ言っていた推理をそのまま話した」だけ
  2. その際に起きた事件で担当した山村と後に再会したとき、危うくそのことを言われそうになった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。