FANDOM



岡倉政明(おかくら まさあき)

人物 編集

劇場版『漆黒の追跡者』に登場。広域連続殺人事件の第3の被害者。代議士の秘書をしているが、実は一般人を装った黒の組織の工作員[1]。自分が組織に消されないように、保険としてお守り袋に組織の重要情報(工作員リスト)が収められたメモリカードを入れていたが、その事実を把握した組織により近々殺害される予定であった。しかし、組織とはまったく関係ないところで恨みを買っており、組織が口を封じる前に殺害され、組織のことを何も知らない犯人にお守り袋ごとメモリーカードを持ち去られてしまった。享年32。

脚注 編集

  1. そのことは、本編中では明かされていない。