FANDOM


吉田 歩美(よしだ あゆみ)は、『名探偵コナン』の登場人物。アニメでの声優は、岩居由希子

人物 編集

灰原が入団するまでは探偵団の紅一点であった。おかっぱ頭にカチューシャを着けた好奇心旺盛な少女で、推理よりも謎解きの方が好み。素直かつ純情な性格で、天然である。元太や光彦から好意を寄せられている。動物好き。好きな食べ物はハムサンドとタマゴサンド[1]。体重は15kg。一人称は「歩美」と言うのがほとんどだが、たまに「わたし」と言うこともある。
コナンに片想いしており、ときに小学生とは思えぬ積極的な行動や言動でコナンへの恋心をアピールする[2]一方、コナンが好きな人物は他にいるのでは、と悩んだりもする[3]。他人の感情や想いに対しては年齢以上に敏感で、特に他人の恋愛などに対しては強い傾向にある。ときには犯人や被害者の感情に対して、一言つぶやいたり物申したりすることもある。コナンと灰原、もしくはコナンの個人的な会話(主に平次とのやりとり)を中断させるのも歩美である。
灰原のことは当初一歩引いて「灰原さん」と呼んでいたが、「お金で買えない友情」事件をきっかけに親しみを込めて「哀ちゃん」と呼ぶようになり、ますます打ち解けるようになった[4]。高層マンションに住んでおり、比較的裕福な家庭で育っている様子[5]。また、母親(声 - 佐藤しのぶ)と手をつないで歩くなど、家族がいる描写は見られるものの、作中で顔が描かれたのは父親のみである。
動物や物に対して「さん」付けをすることが多い。

由来 編集

  • 名前の由来は、推理作家の北川歩実から。

補足 編集

  • 海外での名前はAmy Yeager(エイミー・イェーガー)。

脚注 編集

  1. OVA 第11話「ロンドンからのマル秘指令!」(「ロンドン編」とパラレルに進行する日本での灰原たち少年探偵団中心のオリジナル・ストーリー)の中で、歩美は灰原に「歩美がハムサンドとタマゴサンド好きだから、ママはいつもこれ作ってくれるの」と語っている。
  2. コナンに助けてもらえるとお礼にキスをすることがある。(アニメでは光彦にもキスをしたことがある)
  3. 劇場版『天国へのカウントダウン』では、コナンがのことを好きなのではないかと疑い、悩んでいた。
  4. 本人は以前から名前で呼びたかったが、ためらってなかなかできなかった。
  5. この設定は劇場版『世紀末の魔術師』で明らかになったが、これ以前にコミックス特別篇で2階建ての一軒家が描かれたことがある。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。