FANDOM


千葉(ちば)は、『名探偵コナン』の登場人物。アニメでの声優は千葉一伸

人物 編集

警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係の巡査部長。
アニメから原作にも登場するようになったキャラクター。
高木と同期であり、タメ口で話している。
アニメでは、後輩で口調も敬語。中学時代や大学時代の友人が東京にいることから、東京出身らしい。友人やその関係者が犯人だったり被害者だったりすることもたびたびある。
特撮マニアで、『仮面ヤイバー』の大ファン。部屋が汚かったり、よく遅刻したりするなど少々ずぼら。若干太っているためか、アニメ版ではハンバーガーなど、常に何かを食べているシーンが多い(アニメ登場初期は細かった)。家の時計は、遅刻しないように少し進めている[1]
足は相当遅いらしい。学生時代は柔道を選択。高木と佐藤の仲に関しては認めているスタンスであり、かつては高木の恋を応援した。高木・佐藤両名以外での刑事部のメンバーでは唯一、白鳥に釘を刺せる男[2]
映画『漆黒の追跡者』では、ダイエットをしていた。
名前の由来は、担当声優から[3]

脚注 編集

  1. これが容疑者のアリバイ崩しにつながった事もある。
  2. 52巻での高木と佐藤の結婚式場の宣伝写真を見ていた白鳥に対して、「はがすと、器物破損罪っスよ」といさめている
  3. 下の名前は高木のように担当声優と同じ「一伸」か、それに準ずるものである可能性が高い。原作者も『スーパーダイジェストブック 名探偵コナン40+』にて「声優さんは一伸さんだったからそれかもね」とあいまいに答えているが、そう設定してしまうと単に高木の二番煎じになってしまうという理由からアニメスタッフには認められず、原作でもそのまま。ゆえに現時点では不明。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。