FANDOM


Icongin
Gin
ジン
名前の由来: ジン
学歴・職歴: 黒の組織
俳優: 佐々木蔵之介
声優: 堀之紀
  
Icongin2

ジンGin

人物 編集

組織の中枢を担い、構成員の実質的な管理も行っている幹部クラスの人物で、新一APTX4869を飲ませた張本人。赤井からは「恋人」「宿敵」「本命」などと呼ばれている。
やせ型で長身の男で、新一いわく「平気で何人も殺してきたような」冷酷な目つきをしている。顔立ちは30代くらいに見えるが、正確な年齢は不明。髪は銀色で腰まで届くストレートの長髪[1]。目の色は深緑色で、単行本49巻以降は左の目尻を赤井に銃撃されたため、傷が残る。黒いロングトレンチコート、ノーネクタイで白のハイネック、黒帽子の服装がトレードマーク。左利き[2]であり、詩人のようなセリフ回しも特徴的。愛車は黒のポルシェ356A(正確にはC)[3]で、「ドイツの雨ガエル」と呼び、かなり気に入っている。タバコはマッチで火をつける。愛用の拳銃はベレッタM1934(アニメではベレッタM92)。
とてつもない切れ者であり、なおかつ極めて用心深い[4]。その一方で、無駄だと思ったことはしない性格様々な分野に関して専門家に匹敵する知識を持っており、狙撃技術も一流の腕がある。麻酔針を腕に撃ち込まれて意識がもうろうとする中で自分の腕を銃で撃ち抜いて任務を続けるほどに、組織への忠誠心も高い。性格は極めて残忍かつ冷酷に加え、裏切り者や警察に手が回りそうな者、果ては目撃者であれば問答無用で抹殺してしまう徹底主義者であり、組織から指示された殺人の標的がたとえ仲間であったとしても笑いながら銃弾を放つ。
江戸川コナンとは2012年現在まで明確に対峙(たいじ)してはいないものの、劇中での様子から「組織に対抗する何者かがいる」ことは認識している様子である[5]
毛利小五郎に対してはキールの靴に仕掛けられた盗聴器がきっかけで疑惑を持ち、ベルモットが彼を擁護する見解を一応受け入れはしたものの、完全に疑惑を捨て去ったたわけではない。
基本的に自他双方に対して厳しいが、ウォッカやキールのようにある程度働きを認めた人物にはやや甘い傾向にある。ベルモットのことは組織の構成員としての実力は評価しているが、彼女の秘密主義には嫌悪感と警戒心も感じている。以前シェリー(宮野志保)とは何らかの関係があったらしく、追跡に執着している。
「殺(バラ)した人間の顔と名前なんか、いちいち覚えていられない」、「殺した人間の顔と名前は忘れることにしている」などの発言[6]からもわかるように、数多くの人間を殺害してきた様子である。なお、殺した人物の情報が必要な場合はウォッカからサポートを受けている。
「黒澤陣」と名乗っていた[7][8][9]

脚注 編集

  1. アニメでは当初輝度を抑えた金だったが、色彩設計担当者が海鋒重信になってからは原作と同様な銀色に変更された。
  2. アニメ128話では、右手で射殺するという誤った描写が見られる。
  3. キール初登場以降はウォッカが運転している。
  4. ただし、工藤新一の殺害に失敗したことには気がついていない。
  5. 劇場版『漆黒の追跡者』でコナンを東都タワーへ追い詰めた際、思わぬ反撃に遭い撤退を余儀なくされ、「いったい何者なんだ!?」と作中で珍しく驚愕(きょうがく)の表情を見せた。原作の「新幹線爆破事件」ではウォッカとともにコナンと鉢合わせしているが、その正体にはまったく気付いておらず、小五郎を暗殺しようとした際もコナンに気付き殺そうとしたが、その際もただの子供としか見ていなかった。
  6. 工藤新一の名前が会話に出ても「知らない」と答えている。ただし、灰原(シェリー)を射殺しようとした際「先に逝かせてやった姉(宮野明美)の元へ」と語っており、殺したことを覚えている相手もいる。なお、テレビドラマ「工藤新一の復活! 黒の組織との対決」では新一のことを思い出している。
  7. 「陣」という名前はコードネームそのままなので、劇中での本人の用心深さを考えると偽名の可能性が高い。
  8. 初登場時は「黒服の男」としかEDテロップに表記されていなかった。
  9. 「そして人魚はいなくなった」に出てくる名簿に、ほとんど見えないが「黒澤陣」と書かれていると、作者が『ラブ・コナン-名探偵コナンオフィシャルファンブック』にて語っている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。