FANDOM


Iconchris

シャロン・ヴィンヤード(Sharon Vineyard)黒の組織のコードネームベルモットは、『名探偵コナン』の登場人物。アニメでの声優は小山茉美

人物 編集

情報収集や暗殺、取引などのサポートを行う、組織の女性幹部。表の顔は、ハリウッドで活躍してアカデミー賞を受賞した自称29歳の大女優「クリス・ヴィンヤード(Chris Vineyard)」である。
両親はシャロンの映画デビュー当日に火災で焼死し、夫もオスカー像獲得の翌月に病死。シャロン自身も本編の1年前に急逝したことになっており、葬儀も営まれた。クリス・ヴィンヤードはシャロンの娘とされているが、実際はクリスはシャロンが何らかの方法により若返った姿[1][2]である[3]
「千の顔を持つ魔女」の異名を持つほどに老若男女を問わず変装できる[4]。アメリカ人ながらも日本語にもたけている。
ボス(あの方)に目をかけられ直接メールで指示を受けるなど階級はかなり高い様子で、ジンにも一目置かれている[5]。しかし組織の構成員にさえ貫くほどの秘密主義者としても知られ、またベルモット本人は組織、あるいは組織の計画に対して含むところがあり、ときおり誰にも悟られぬまま組織を壊滅させる決定打を探し求めているような言動をしている[6]。それゆえか、組織の構成員を計画の中で平気で犠牲にするほどの冷酷な行動をとり、その行動から組織の中では彼女を嫌っているメンバーもいる。「APTX4869」を用いた研究の全容を知っている節がある[7]。組織の中でコナン灰原の正体およびその所在を知る唯一の人物[8]
"A secret makes a woman woman."(女は秘密を着飾って美しくなる)を常としている[9]。「神様」や「エンジェル」といった言葉をよく使用する。使用拳銃は、原作では「SIG SAUER P230」など、アニメ版では「ワルサーPPK」「S&W M36」「コルトベストポケット」など。自身の携帯電話は催眠ガスが出るよう細工が施されている。組織の任務の際は、ハーレーダビッドソン・VRSCに乗る場合が多い。
1年前、赤井抹殺のためにニューヨークで通り魔に変装した際、偶然訪れていた新一と出会い、廃屋の手すりから落ちかけたところを救われている過去がある。その際の新一の「人が人を助ける理由に論理的な思考は存在しない」という言葉から2人を組織の活動に巻き込みたくないと思うようになった。それ以降コナン(新一)を"Cool Guy"(クールガイ)、蘭を"Angel"(エンジェル)と呼び、コナンを身を投げ出してまで守ったり、コナンや蘭に組織の手がまわらないよう配慮した上で計画を遂行したりなどの行動をとっている[10]
クリスとしてピスコのサポートのため来日し、酒巻昭を偲ぶ会に出席した際に引っかかりを覚え、女優業を休業して日本に留まる。その後は新出智明を殺害して彼になりすまし新一が在籍している帝丹高校に潜入することを計画[11]、彼の事故死(実は彼女の計画を察したFBIによる偽装工作)を確認した後、新出にすり替わることに成功。そして組織の計画の中枢を担っていたシェリー(灰原)の暗殺を果たすべく、新出として単独でシェリーの捜索を開始し[12]、東都デパートでの「4台のポルシェ」事件の際にシェリーが幼児化していることに気づいた[13]。上述の理由によりコナンを遠ざけた後、シェリーを暗殺しようと画策するも、彼女の計画を察知したコナンと予期せぬ蘭の登場、およびFBIの妨害により断念。現在は「あの方」の命令により組織の任務下に戻っている。コナン(新一)を赤井に次ぐシルバー・ブレットになれる存在として期待をかけている。

脚注 編集

  1. ベイエリアで赤井に狙撃されたとき、散弾で顔が裂けていることから、クリスとしての顔がシャロン自身の素顔のようである。
  2. 「外見を変装により取り繕いはしても、中身はしわくちゃの腐った林檎(りんご)」という皮肉と、彼女が大女優シャロン・ヴィンヤードとして演じ脚光を浴びたニューヨークのミュージカル「ゴールデン・アップル」から、FBIに"Rotten Apple"(ラットゥンアップル・腐った林檎)という標的名をつけられている。
  3. クリスの姿になってからは、映画撮影以外の公の場にはほとんど姿を見せたことがないが、例外のひとつとして映画監督の酒巻昭を偲ぶ会に出席している。
  4. シャロン・ヴィンヤードとして役作りのためマジシャン・黒羽盗一(初代・怪盗キッド)の下に弟子入りして変装術を教わった過去があり、コナン(新一)の母・有希子とはその頃からの親友。
  5. ジンはピスコを始末した後、ベルモットに「おまえほどの女をわざわざ呼んだっていうのに」と話している。
  6. キールの正体がCIAの諜報員(スパイ)だということを薄々感づいていながらも組織に報告しないのは、このような理由からだと考えられる。
  7. シェリー(灰原)を殺そうとした際に「恨むのなら、こんな愚かな研究をしたあなたの両親を恨むのね」と語っている。また、このことから、シェリーの両親である宮野夫妻とも何らかの関わりがあったことが推測される。
  8. ピスコも灰原の正体を知り、劇場版『漆黒の追跡者』に登場したアイリッシュもコナンの正体を見抜いていたが、両者共に殺害された。
  9. ジョディはこの座右の銘をヒントにシャロンとクリスの指紋を調べ、その指紋が一致したため2人が同一人物で、20年前FBI捜査官であった父を殺害した犯人がベルモットであることを突き止めている。
  10. そのため、蘭の父親である小五郎が組織に射殺されそうになったときは擁護した。
  11. 工藤新一の幼少時の姿を知っていること、偲ぶ会でコナンは眼鏡を外していたこと、その後新一が通っていた帝丹高校に潜入したことから、その描写や記述はないが、新一の幼少時の姿にそっくりなコナンをパーティーで見かけて引っかかりを覚え、コナンの正体が工藤新一であることを確証するために帝丹高校に潜入して情報収集を行うことにしたと考えるのが妥当に思われる。
  12. 新出に変装したベルモットは帝丹小学校にも内科検診で訪れているが、そのときは灰原が休んでいたため2人は遭遇しなかった。ただし、シェリー(灰原)が幼児化していることを予想して帝丹小学校にまで潜入したのなら灰原を見つけられないはずがないと、コナンはその潜入の目的に疑問を呈している。
  13. 新一が幼児化していることは早くから確証しているためバスジャック事件の際にコナンをかばっているが、そのときはまだ灰原には気がついていない。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。